タイの大手映画館チェーン「Major Cineplex(メジャー・シネプレックス)」が仮想通貨決済を導入へ!

タイの大手映画館チェーンである「Major Cineplex(メジャー・シネプレックス)」が、映画館内での仮想通貨決済を導入することが明らかになりました。

スイスの決済会社Rapidzpayと決済システムを構築

映画チケット決済

「Major Cineplex」はタイで最大手の映画館チェーンであり、映画館事業はもちろんのこと、ボウリング施設事業やテナント事業も手がけています。
「Major Cineplex」はスイスの決済会社であるRapidzpayと提携して決済システムを構築しているとのこと。システムが導入が実現すれば、映画館内で販売されているチケットやポップコーンなどを仮想通貨で決済し購入することが可能になるようです。現時点ではどの通貨が対応するかは不明ですが、Rapidzpayが提供する決済アプリではビットコイン(Bitcoin/BTC)ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)ライトコイン(LiteCoin/LTC)が対応しており、これらの通貨で決済が可能になるのではといわれています。

関連記事

タイの中央銀行が独自通貨発行プロジェクト「Inthanon」始動!
韓国の大手取引所ビッサムが日本とタイに進出へ!

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰