コスタリカで仮想通貨による給与一部払いが可能に!?

コスタリカの法改正により、コスタリカ国内で仮想通貨での給与一部払いが採用されるのではと話題になっています。

成長しつつあるコスタリカの仮想通貨業界

コスタリカでの仮想通貨業界は成長しつつあり、仮想通貨関連のベンチャー企業にオープンな国としても知られています。また、ビットコイン(Bitcoin/BTC)ATMも設置し始めているほか、店舗でのビットコイン決済も導入されつつあるようです。法定通貨の価値が大きく減少していることから、コスタリカで仮想通貨が広まってきていることが考えられます。

コスタリカでは法改正が行われ、企業は従業員に対して給与支払いをする際に最低時給分が法定通貨で支払われていれば、残りは物品や動産を給与として支払うことが可能となりました。これに対してコスタリカの現地メディアは「コスタリカの労働者は、仮想通貨を給料の一部として受け取るようになる可能性がある」と報じているようです。

中米で著名な法律事務所「Nassar Abogados(ナッサー・アボガドス)」に勤めるRolando Perlaza氏は「こうした傾向はコスタリカで定着する可能性がある。雇用者によっては仮想通貨を支払い手段として選ぶことがインセンティブになる可能性もある」と、仮想通貨での給与一部払いがコスタリカ国内で普及していく可能性があることを述べています。しかし、現在コスタリカが正式に仮想通貨での給与一部払いを認める動きはみられていないようです。

関連記事

アメリカでは給与支払いに仮想通貨を望む人が増加。大学生の5人に1人は仮想通貨投資
GMOが給与の一部をビットコインにできる制度を導入

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰