ウォルマートがブロックチェーン活用の特許を申請!無人配送やスマートホームでの活用目指す

アメリカの大手スーパーマーケットWalmart(ウォルマート)が、ブロックチェーンを活用したスマート家電管理システムの特許を申請したことが明らかになりました。

ブロックチェーン活用に積極的なウォルマート

配送

この特許はパソコンやウェアラブル端末、ゲーム機などのスマート家電をブロックチェーン上で管理を行うという、いわゆるIoT(Internet Of Things/もののインターネット)のような仕組みになっています。特許は、ウォルマートが展開を目指している無人配送サービスの専用端末で活用される可能性が高いとのこと。さらにスマートホーム分野でも、この特許の活用を検討しているようです。
ウォルマートはブロックチェーンの活用に積極的であり、過去にブロックチェーン技術を利用した物流システム「スマートパッケージ」の特許申請や食品管理などで活用を実施しています。

関連記事

米大手スーパーマーケットのウォルマート、ブロックチェーンを利用した物流システムで特許を出願

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSは『お金に、もっとワクワクしよう』をコンセプトに新しいお金のあり方を提案するメディアです。 フィンテックを中心にキャッシュレス、ブロックチェーン、スマホ決済、ロボアド、AI投資、信用スコア、シェアリングエコノミー、仮想通貨など国内外で話題の新時代の金融経済トピックやニュースを発信しています。