中国の大手検索エンジン「百度(バイドゥ)」がブロックチェーン活用の画像著作権保護プラットフォームを発表!

中国の大手検索エンジン百度(バイドゥ)が、ブロックチェーンやAI(人工知能)を活用した画像著作権保護プラットフォーム「図騰(トゥーテン)」を発表しました。

他分野でのサービス展開も目指す

「図騰(トゥーテン)」では著作権侵害状況のリポート作成など、画像についての著作権関連サービスを提供するとしています。4月に試験運用を開始していましたが、今回本格的にサービスをスタートする運びとなりました。百度は今後、文字や動画、音楽などでも同様のサービスを展開していくようです。

関連記事

中国の大手検索エンジンBaiduが子犬育成ゲーム「Leci Gou」をリリース

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSは『お金に、もっとワクワクしよう』をコンセプトに新しいお金のあり方を提案するメディアです。 フィンテックを中心にキャッシュレス、ブロックチェーン、スマホ決済、ロボアド、AI投資、信用スコア、シェアリングエコノミー、仮想通貨など国内外で話題の新時代の金融経済トピックやニュースを発信しています。