ニューヨーク証券取引所の親会社が仮想通貨企業Bakkt設立を発表!マイクロソフトやスターバックスとも提携へ

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であるIntercontinental Exchange(インターコンチネンタル取引所/ICE)が、仮想通貨企業Bakkt(バックト)の設立を発表しました。

仮想通貨取引・決済サービスを提供へ


Bakktでは仮想通貨の取引サービスや決済サービスを提供していくとのこと。ビットコイン(Bitcoin/BTC)先物商品を上場するだけでなく、仮想通貨資産の管理も直接行うとしています。
大手ソフトウェア企業Microsoft(マイクロソフト)との提携も明らかになっており、決済サービスにて同社のクラウドシステムが活用されるようです。また大手コーヒーチェーン店のStarbucks(スターバックス)とも提携を予定しており、スターバックスでBakktのシステムを活用した仮想通貨決済が導入されるだろうといわれています。
ICEによるBakktの設立で、仮想通貨決済がさらに広まっていくかもしれません。

関連記事

スタバでビットコイン決済が可能に!?仮想通貨決済アプリ「Flexa」ベータ版のテスト実施
スターバックス、新決済アプリにブロックチェーン技術の導入を検討
米スターバックス、ブロックチェーン技術でコーヒー豆の追跡実験を開始

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSは『お金に、もっとワクワクしよう』をコンセプトに新しいお金のあり方を提案するメディアです。 フィンテックを中心にキャッシュレス、ブロックチェーン、スマホ決済、ロボアド、AI投資、信用スコア、シェアリングエコノミー、仮想通貨など国内外で話題の新時代の金融経済トピックやニュースを発信しています。