BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

イギリスのブロックチェーン活用ホテル予約サイト「Trippki(トリップキ)」が日本進出!

アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。

ブロックチェーン活用を活用したイギリスのホテル予約サイト「Trippki(トリップキ)」が日本でサービスを開始することが明らかになりました。

「Trippki(トリップキ)」概要

以下、プレスリリースより引用。

2030年、世界ホテル予約市場は10,560億ドルに!320億ドルもの代理店手数料を削減

 昨今、海外旅行のニーズとともに、オンライン旅行代理店(OTA)の需要が急激に高まっています。2018年現在、全世界のホテル予約市場規模は5280億ドルに拡大しており、2030年までに2倍になると予想されています。特に近年OTAの需要が拡大し、このうち40%(2110億ドル)をOTAが占め、彼らが受け取る仲介手数料は総額320億ドルに上るといわれています。アメリカの旅行業界専門の研究機関の調査によると、この仲介手数料はアメリカのホテル市場の5倍に匹敵するといいます。また、2020年にはOTA市場の94%を2つの某大手OTAが掌握するだろうと予測されています。(参照: Phocuswright, inc. : Hotels vs. the (OTA) World)

従来のオンライン旅行代理店モデルの課題

 従来のOTAを利用する場合、ホテルは知名度や大小にかかわらず最大30%の高い仲介手数料を支払わなければなりません。そうすると予算の少ないホテルは自社の利益を削って予算を捻出したり、宿泊料を高くしたりしなければならず、価格が適正に設定されなくなる可能性があります。

 さらに、旅行者がOTAを通じてのみホテルの情報を得るようになると、偏った情報や偽のレビューなどによりホテルのブランドイメージが旅行者に適切に伝わらない可能性があります。また、第三者を介するためホテルは旅行者との関係構築の機会を奪われてしまいます。これらの理由から、多くのホテルはロイヤリティの構築に苦労しています。

ブロックチェーン技術を活用したホテル予約プラットフォーム「Trippki」

「Trippki」はこうした従来の中央集権的なホテル予約市場に対し、仲介業者を必要としないプラットフォームを提供することで、ホテル側はより多くの利益を得ることができ、旅行者側は適正な価格で宿泊することが可能に。ホテルと旅行者のシームレスなコミュニケーションは市場の適正化につながります。「Trippki」は、従来の予約プラットフォームの共通課題を解決し、ホテルと旅行者間の持続可能な関係性の構築を目指しています。

「Trippki」の特徴

1. ホテルと旅行者がWin-Winに。トークンによる新たなユーザーエクスペリエンスの提供
「Trippki」はTRIPトークンを通じて新たなユーザーエクスペリエンスを提供します。旅行者は予約時にTRIPトークンで宿泊費を支払い、宿泊後にその一部をロイヤリティ報酬として受け取ることが出来ます。また、ユーザーレビューを投稿してもTRIPトークンを得られます。TRIPトークンはホテル滞在中のサービスや別のホテルを予約するときの支払いに利用するだけでなく、現金や他の暗号通貨との交換も可能です。これは既存のリワードロイヤリティプログラムと比較して非常に柔軟で多目的な報酬システムです。

また「Trippki」を利用するホテルにも旅行者同様にメリットがあります。旅行者はTRIPトークンを利用してアメニティーなどのホテル内のサービスを使うようになります。この特別なプロモーションを行うことで、ホテルへの評価を高めることができます。ホテルは仲介業者を挟むことなく、顧客とのダイレクトなコミュニケーションが可能になります。

2. 宿泊者のみが投稿できる「Proof of stay」モデルで正しい情報を取得
「Trippki」は実際に宿泊した人のみがユーザーレビューを投稿できる「Proof of stayモデル」を採用しています。旅行者が滞在を終了しTRIPトークンを受け取ったという情報が報酬帳簿に記録されて初めて、レビューの投稿が可能となります。そのため旅行者は実際の利用者による正直なレビューを参考にすることができ、偽のレビューに惑わされることはありません。ホテルはユーザーレビューを参考により良いサービスを提供することが可能となります。

ホテル側のメリット
・OTAに払う仲介手数料が減る
・顧客とのダイレクトなコミュニケーションが可能
・新しい経済圏へ参入でき、そこにいる顧客とのリーチが可能
・個々人の嗜好や関心に応じたご提案が可能
・既存の仕組みとの統合が容易

旅行者側のメリット
・このプラットフォームで得たトークンを、他の用途でも利用できる
・ホテル予約そのものだけではなく、ホテル滞在に付随するサービスにもトークンを利用できる
・他の暗号通貨と同様に価値の保管先として利用できる

会社概要

会社名 :BaseLayer株式会社
所在地 :東京都渋谷区千駄ヶ谷3-14-5 第16スカイビル4階
代表者 :代表取締役 競仁志
事業内容:海外ブロックチェーン・プロジェクトの⽇本向けPR・マーケティング・
 コミュニティマネジメントをワンストップで提供
TEL   :03-5775-1313
MAIL  :info@baselayer.asia
URL  :https://www.baselayer.asia/

関連記事

Bithumb、韓国の大手旅行サイト運営会社と業務提携。50,000以上のホテルで仮想通貨決済が可能に
旅行商品を適正価格で予約可能なICO「TravelBlock」誕生!
旅行代理店のCheapAir.com、ライトコイン(LTC)・ダッシュ(DASH)・ビットコインキャッシュ(BCH)での支払いが可能に
旅行提案サービスのTavittがビットコイン決済の導入計画を発表
旅行関連企業のWindingTree、Zeppelin OSとRSKとパートナーシップを発表
ビットコイン決済可能なショッピングサイトで「国内航空券提供サービス」始まる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。
PAGE TOP