大手取引所コインベースがオンラインショップ専用仮想通貨決済機能を提供へ!

アメリカの大手仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)の傘下であるCoinbase Commerce(コインベースコマース)が、オープンソースプラグイン「WooCommerce(ウーコマース)」を活用したオンライン仮想通貨決済サービスを提供することを明らかにしました。

4通貨がオンラインショップ決済で利用可能に

オンラインショッピング

「WooCommerce」は「WordPress」にオンラインショッピング機能をつけることができるプラグインであり、世界中に存在するショッピングサイトの28%以上が「WooCommerce」を導入していると言われています。
今回、Coinbase Commerceは「WooCommerce」を導入しているオンラインショップが仮想通貨決済を導入できるようにすると発表しました。「WooCommerce」では導入可能な決済手段として銀行振込やPaypal、Stripe(クレジットカード決済サービス)などを選べますが、Coinbase Commerceによってビットコイン(Bitcoin/BTC)イーサリアム(Ethereum/ETH)ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)ライトコイン(LiteCoin/LTC)を利用した決済もオンラインショップに導入できるようにするとのことです。

Coinbaseは先日ギフトカードサービスのWeGiftと提携し、Uberなど大手サービスでギフトカードを通じたビットコイン決済の導入を開始しました。世界中の28%のオンラインショップが導入していると言われている「WooCommerce」を活用した仮想通貨決済サービスの提供開始により、大手サービスだけでなく小規模のオンラインショップでも仮想通貨決済を導入するケースが増えていくかもしれません。

Coinbase Commerceによる公式発表はこちら

関連記事

CoinbaseがUberやAmazonなどでビットコイン決済を実現!
ブログにリンクを貼るだけでNEM決済導入!WordPress対応プラグイン「QUICKNEM」無償公開
日本進出決定!仮想通貨取引所coinbase(コインベース)の特徴や取り扱い通貨、登録方法、使い方は?

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰