大手取引所コインベースのカストディサービスで40通貨追加へ!

アメリカの仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)が、40種類の通貨のカストディサービス提供を検討していることが明らかになりました。

XRPやADAなど追加へ

仮想通貨

追加を検討している通貨はリップル(Ripple/XRP)イオス(EOS)カルダノ(Cardano/ADA)など40通貨とのこと。コインベースは「カストディサービスに追加されるからコインベースで取引される、というわけではない」と述べています。
今回のカストディサービスへの通貨の追加により、機関投資家の仮想通貨業界参入が加速するのではと言われています。

関連記事

大手取引所コインベースがオンラインショップ専用仮想通貨決済機能を提供へ!
CoinbaseがUberやAmazonなどでビットコイン決済を実現!
日本進出決定!仮想通貨取引所coinbase(コインベース)の特徴や取り扱い通貨、登録方法、使い方は?

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰