ゴールドマン・サックスが仮想通貨のカストディサービス提供へ!

世界最大の金融機関で知られるGoldman Sachs(ゴールドマン・サックス)が、仮想通貨ファンド向けカストディサービスの提供を検討していることが明らかになりました。

カストディサービスの開始日時は未定

カストディサービス

ゴールドマン・サックスによると、盗難などから投資を守りたい顧客に代わり現物仮想通貨を管理するとのこと。まだ検討中の段階であるため、現時点ではカストディサービスの開始日時は未定のようです。
大手取引所Coinbase(コインベース)でも仮想通貨カストディサービスの提供が行われています。先日同サービスにリップル(Ripple/XRP)カルダノ(Cardano/ADA)の追加が発表され、多くの注目を集めました。

関連記事

大手取引所コインベースのカストディサービスで40通貨追加へ!
元ゴールドマンサックス幹部が仮想通貨ウォレット企業に参加

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSは『お金に、もっとワクワクしよう』をコンセプトに新しいお金のあり方を提案するメディアです。 フィンテックを中心にキャッシュレス、ブロックチェーン、スマホ決済、ロボアド、AI投資、信用スコア、シェアリングエコノミー、仮想通貨など国内外で話題の新時代の金融経済トピックやニュースを発信しています。