国際通貨基金(IMF)がRipple(リップル/XRP)採用の金融機関を支援へ!

国際通貨基金(IMF)が、リップル(Ripple/XRP)採用の金融機関を支援する方向性であることが明らかになりました。

XRP採用の金融機関増加へ

IMFはXRP採用の金融機関を支援するにあたって、Ripple社のRyan Zagone氏やChris Larsen氏など19名を含めた、ファンドの財務や技術に関するグループを結成したようです。
IMFのCEOであるChristine Lagarde氏はさまざまな機会で仮想通貨を活用することを支持しています。同氏は「2016年に設立されたIMFの財務技術に関する部門間ワーキンググループと連携し、金融技術分野の発展の経済的および規制上の影響を研究する。このようなシステム(リップル)はIMFにとって、SWIFT(国際送金システム)を混乱させる良い変化をもたらすだろう」と述べています。
今回の取組みがきっかけで、金融機関がXRPを採用するケースがさらに増えていくことが予想されます。

関連記事

インドのコタック・マヒンドラ銀行がRippleNetに加盟!銀行でのxCurrent活用へ
大手金融企業5社がリップル社のxViaを導入
国際通貨基金(IMF)「仮想通貨は金融の安定に危機をもたらさない」

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰