「バイナンスはXRPを基軸通貨にすべき」の声が多数!格付け機関のWeiss Ratingsもツイート

Twitter(ツイッター)で、とあるユーザーが「XRPをバイナンスの基軸通貨にすべき」と発言したことが大きな反響を呼んでいるようです。

近いうちに現実となるか!?

世界的に大手の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の現在の基軸通貨は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)イーサリアム(Ethereum/ETH)Tether(テザー/USDT)、そして取引所の独自トークンであるバイナンスコイン(Binance Coin/BNB)の4種類です。

そこで、C3|Nik氏(@C3_Nik)はツイッター上でリップル(Ripple/XRP)をバイナンスの基盤通貨として採用してほしい旨をツイート。この投稿は世界中で1,400以上もリツイートされ、大反響となりました。

格付け機関のWeiss Ratingsもツイート

世界有数の格付け機関「Weiss Ratings」も仮想通貨XRPを基軸通貨として採用する案に対して賛同しているようです。「我々はXRPが取引所間の資産移動を最も速く行うことができるデジタル資産であると考えている。バイナンスがこの通貨を基盤通貨として採用するのは適切であると言える。」とコメントしました。

リップル社のEmi Yoshikawa氏もツイート

リップル社に勤務されている日本人のEmi Yoshikawa氏もこの件についてツイート。XRPを支持する活発なコミュニティーがいることで、より早く実現する可能性があるとコメントしました。

Asuka

Asuka

BITDAYS編集部ディレクター・ライター。 2017年10月より仮想通貨界に参入。毎日の情報収集は欠かしません。主に海外からのニュースを担当しています。 趣味は映画鑑賞。無類のネコ好きです。