リップル社のxRapidが仮想通貨取引所Bittrex、Bitso、Coins.phで採用!

Ripple(リップル)社が提供する国際送金システムxRapidが、仮想通貨取引所のBittrexBitsoCoins.phで採用されることが明らかになりました。

xRapidの実用化へ

xRapidは、金融機関が自国の法定通貨をXRPに変換して送金し、送金された側はXRPを現地通貨に変換できるシステムとなっています。40〜70%の送金コスト削減ができるほか、従来の国際送金サービスで約2〜3日かかる送金をわずか2分で実現可能。リップル社のCEOを務めるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は「2019年には、より多くの銀行や金融機関がxRapidを採用していくことになる」と発言しており、xRapidは今多くの注目を集めています。

今回、xRapidはアメリカのBittrex、メキシコのBitso、フィリピンのCoins.phで採用される運びとなりました。xRapidを用いた国際送金の実験はWestern Union(ウエスタンユニオン)などの金融機関で行われていますが、ついにxRapidを実用化する時が近づいてきたようです。

関連記事

XRPを活用!リップル社の国際送金システム「xRapid」とは?
リップル社がxRapidのパイロット結果を報告。時間とコストの大幅削減に成功
大手取引所Bittrexの米ドル建て取引にリップル(XRP)とイーサリアムクラシック(ETC)追加へ!
フィリピンの仮想通貨ウォレット「Coins.ph」がRipple(リップル/XRP)に対応!

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSはフィンテックを中心にキャッシュレス、スマホ決済、ブロックチェーン、仮想通貨、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを分かりやすく提案するデジタルメディアです。