BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

バイナンスが法定通貨建ての取引所「Binance LCX」をリヒテンシュタインに設立!

大手取引所Binance(バイナンス)が、ヨーロッパのリヒテンシュタイン公国に法定通貨建ての取引所「Binance LCX」を設立すると発表しました。

スイスフラン(CHF)とユーロ(EUR)が利用可能

「Binance LCX」はBinanceとリヒテンシュタイン公国にある取引所LCX(Liechtenstein Cryptoassets Exchange)が提携し設立した取引所です。法定通貨とのペアで仮想通貨の取引が可能であり、法定通貨はスイスフラン(CHF)とユーロ(EUR)が利用可能とのこと。対応する法定通貨は、規制当局の承認を受けた後さらに増やしていくと明らかにしています。
「Binance LCX」の設立発表時にはリヒテンシュタインの首相が出席しており、同氏は「ブロックチェーンは、まったく新しい業界の基礎を築いている。私たちは、リヒテンシュタインのこれまでの、そしてこれからの法的枠組みと実践が、リヒテンシュタインの『Binance LCX』や他のブロックチェーン企業が優れたサービスを提供するための基盤を提供できると確信している」と「Binance LCX」を歓迎する姿勢を見せました。

リヒテンシュタインは、隣国であるスイスの「クリプトバレー」のように仮想通貨やブロックチェーン産業が活発化してきています。タックスヘイブン(租税回避地)であることから多数の金融機関がリヒテンシュタインへ進出したり、イーサリアム(Ethereum/ETH)の開発に関わっていたヤニスラフ・マラホフ氏がブロックチェーン「エタニティ」の開発をリヒテンシュタインで行なっていたりするなど、さまざまな取組みが行われています。今回の「Binance LCX」で、リヒテンシュタインでの仮想通貨の流動性はさらに高まるかもしれません。

関連記事

大手取引所バイナンスがブロックチェーン学習サービス「Binance Academy」ベータ版をリリース!
「バイナンスはXRPを基軸通貨にすべき」の声が多数!格付け機関のWeiss Ratingsもツイート

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。
PAGE TOP