中国銀行と中国銀聯(UnionPay)が提携!ブロックチェーン決済システム開発へ

政府系商業銀行の中国銀行中国銀聯(ぎんれん)が提携を実施したことが明らかになりました。

「効率の高いモバイル決済サービス体験」の提供を目指す

今回の提携で、中国銀行と中国銀聯はブロックチェーンを活用した決済システムの開発をしていくようです。中国銀聯は、カード所有者がQRコードを使ってクラウド型の瞬時決済アプリで支払いや送金、取引ができるポートの構築を行うとのこと。また、中国銀行は決済システムの普及プログラムを後日立ち上げ、「安全で利便性が高く、効率が上がったモバイル決済サービス体験」を顧客に提供していくことを目指すとしています。

関連記事

中国版LINE「WeChat」にビットコインキャッシュウォレット機能が追加!
中国版LINEのWeChatとNEMが技術連携。発表後NEMが高騰

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSは『お金に、もっとワクワクしよう』をコンセプトに新しいお金のあり方を提案するメディアです。 フィンテックを中心にキャッシュレス、ブロックチェーン、スマホ決済、ロボアド、AI投資、信用スコア、シェアリングエコノミー、仮想通貨など国内外で話題の新時代の金融経済トピックやニュースを発信しています。