BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

NEM財団が政治情報共有プラットフォーム「PoliPoli(ポリポリ)」を支援へ!

アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。

政治情報共有プラットフォームの「PoliPoli(ポリポリ)」が、NEM財団の公式な支援を受けることを発表しました。

NEM財団のサポートでさらなる事業の発展へ

以下、プレスリリースより引用。

株式会社PoliPoli(本社:神奈川県相模原市、代表取締役社長:伊藤和真 以下 「PoliPoli」)は2018年8月21日、NEM.io財団(以下「NEM財団」)の公式な支援を支援を受けることを発表しました。PoliPoliが運営する「ポリポリ」のさらなる発展を目指します。

NEM財団からサポートを受ける目的

ポリポリは、ブロックチェーン技術に基づいた独自通貨(トークン)を発行し、サービス内でそのトークンが流通するようなインセンティブ設計をした政治家と有権者のコミュニティを作るプロジェクトです。
そして、ポリポリはそのトークンにNEMブロックチェーンを活用します。

NEM財団によう公式なサポートを受けることで、国内外に向けたマーケティングなど様々な支援を受けることが可能となり、ユースケースの拡充をはじめ、さらなる事業の発展を目指すことができるようになります。

なぜポリポリはNEMを使うのか

ポリポリがNEMを使うのは、実装の簡単さとセキュリティの堅固さが理由です。
NEMは、プログラムを修正不可能なブロックチェーンに載せるのではなく、トークンの機能がネイティブで提供され、REST APIを使う既存のプログラミングの方法でそのトークンを動かします。
トークン機能がネイティブで提供されていることにより、トークン自体にバグが生まれることがなく安定したパフォーマンスを提供することができ、またプログラムをブロックチェーン外においていることから、修正が可能です。
またNEMでは、マルチシグがネイティブで実装されているため、簡単にセキュリティを向上させることができます。
これらのことを考慮した結果、NEMのブロックチェーンを使うという判断に至りました。

NEM財団について

NEM財団 (https://nem.io/) は、2017年にシンガポールで設立された財団法人で、日本をはじめとしたアジア諸国、また世界各国における様々なNEMを使用したプロジェクトへの支援などを行っており、NEMブロックチェーンの技術の振興と、産官学の様々な領域においてNEMで作られる経済圏の拡大を目指しています。

ポリポリについて

ポリポリは、トークンエコノミーで政治家と有権者の議論コミュニティを形成するプロジェクトです。
ユーザーが良い発言をすればポリポリの独自通貨「Polin」を貰えるようにすることで、トークンというインセンティブを与え質の高い発言をするようにし、誹謗中傷などが多く荒れやすい政治コミュニティサービスの質を高めることができます。
質の高い政治コミュニティによって、政治家と市民が発言しやすいプラットフォームを形成します。

PoliPoli会社概要

会社名:株式会社PoliPoli
代表者:代表取締役 伊藤和真
所在地:神奈川県相模原市
設 立:2018年2月27日
HP:https://www.polipoli.work/company
事業:ブロックチェーン事業を中心としたサービス開発

関連記事

政治情報共有プラットフォーム「PoliPoli」がネット投票の研究を行う「VOTE FOR」と提携
政治情報共有プラットフォーム「PoliPoli」がNEMブロックチェーンを採用
政治×ブロックチェーン!情報共有プラットフォーム「PoliPoli」で政治に参加しよう

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP