予告編を観て映画のチケットがもらえる!?映画配給会社Demand Filmが独自通貨「Screencreds」発行へ

映画配給会社Demand Film(デマンドフィルム)が、独自通貨「Screencreds」を発行することが明らかになりました。

「Screencreds」発行で新規ユーザー増加を目指す

映画オンデマンド
Demand Filmは英語圏の国向けに映画オンデマンドサービスを提供しています。今回明らかになった独自通貨「Screencreds」は、映画の予告編を閲覧したり、新作映画の宣伝を行うと獲得できるとのこと。得た「Screencreds」はDemand Filmで使える映画のチケットと交換することが可能です。
Demand FilmのCEOであるDavid Doepel氏は「より多くの人々がトレーラー(予告編)を観て、チケットを購入する人が増えるほど『Screencreds』のユーザも増える」と述べており、「Screencreds」の発行でDemand Filmの新規ユーザー増加を目指すとしています。

関連記事

タイの大手映画館チェーン「Major Cineplex(メジャー・シネプレックス)」が仮想通貨決済を導入へ!
ジョニー・デップ氏が仮想通貨ビリオネアのマシュー・メロン氏の伝記映画主演へ!?
ハリウッド映画『Crypto』製作へ!仮想通貨とマネロンをテーマにしたサスペンス

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSは『お金に、もっとワクワクしよう』をコンセプトに新しいお金のあり方を提案するメディアです。 フィンテックを中心にキャッシュレス、ブロックチェーン、スマホ決済、ロボアド、AI投資、信用スコア、シェアリングエコノミー、仮想通貨など国内外で話題の新時代の金融経済トピックやニュースを発信しています。