リヒテンシュタインの銀行Union Bankが独自のステーブルコインを発行へ!

リヒテンシュタインの銀行Union Bankが独自のステーブルコインを発行することが明らかになりました。

「フルサービスのブロックチェーン投資銀行」へのさらなる一歩

銀行

ステーブルコインとは「ペッグコイン」とも呼ばれており、法定通貨と連動した価格の変動がない通貨のことです。
Union Bankはステーブルコイン「Union Bank Payment Coin (UBPC)」の発行を「『フルサービスのブロックチェーン投資銀行』へのさらなる一歩」としています。UBPCはスイス・フランなどを担保にするとのこと。
Union Bankの取締役会長であるMohammad Hans Dastmaltchi(モハンマド・ハンス・ダストマルチャン)氏は「法定通貨に裏打ちされたUBPCは、国際貿易へのアプローチやクロスボーダー取引を破壊するポテンシャルがある」と述べています。

関連記事

「ステーブルコイン」や「ペッグ通貨」とは?仮想通貨の重要ワードを解説!
IBMが米ドル連動のステーブルコイン「Stronghold USD」を発行!
Circle社がドル連動コインを開発!ブロックチェーン導入促進も
バイナンスが法定通貨建ての取引所「Binance LCX」をリヒテンシュタインに設立!

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSはフィンテックを中心にキャッシュレス、スマホ決済、ブロックチェーン、仮想通貨、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを分かりやすく提案するデジタルメディアです。