イギリスの仮想通貨決済サービス「Wirex」、リップル(XRP)ウォレットで成功を収める!

イギリスの仮想通貨決済サービス「Wirex(ワイレックス)」で、リップル(Ripple/XRP)ウォレット事業が大きな成功を収めたことが明らかになりました。

順調なXRPウォレット事業


「Wirex」では、Visaデビッドカードを利用した仮想通貨決済サービスや仮想通貨ウォレットサービスの展開を行なっています。「Wirex」のVisaデビッドカードを利用すれば、世界中に多く在するVisa加盟店にて仮想通貨決済を行うことが可能です。VisaデビッドカードではXRPはもちろんのこと、ビットコイン(Bitcoin/BTC)ライトコイン(LiteCoin/LTC)を用いた決済に対応しています。SBIホールディングスと合弁会社を設立したほか、先日イギリスのFCA(Financial Conduct Authority/英国金融庁)の電子マネーライセンスを取得しており、今注目を集める仮想通貨決済サービスの1つとなっています。
「Wirex」のCEOであるPavel Matveev氏は「Andrew Scott TV」に出演。番組内でXRPウォレットについて「大きな成功を収めている」と発言しました。さらに、XRPウォレットへの入金額に関して「12時間で2.2億円分集めた。現在は、さらに早いスピードで入金を集めている」と「Wirex」でのXRPウォレット事業が順調であることを述べました。
また「Wirex」は今後、アメリカやカナダでのサービス展開を発表しています。アメリカではXRPの知名度が高いことで知られており、「Wirex」のXRPウォレット事業は今後さらに拡大していくかもしれません。

関連記事

イギリスの仮想通貨決済サービス「Wirex」が電子マネーライセンスを取得!
仮想通貨取引の便利アプリ!Wirexの特徴や使い方は?

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰