ニュースまとめ

ブロックチェーン活用ブラウザアプリ「Brave」がGoogle Playストアにてダウンロード数1,000万回に!

ブロックチェーンを活用したブラウザアプリ「Brave」がGoogle Playストアにて、1,000万回ダウンロードされたことが発表されました。

3ヶ月でダウンロード数が2倍増加


「Brave」はWindows、macOS、Linux、iOS、Androidにて提供されており、広告をブロックするブラウザアプリとして注目を集めています。仮想通貨Basic Attention Token(ベーシック・アテンション・トークン/BAT)を活用し、広告を見たユーザーとサイト運営者に報酬を与える機能も搭載されています。
「Brave」は5月にダウンロード数500万を記録しましたが、わずか3ヶ月でダウンロード数1,000万となり、およそ2倍も増加しました。また「Brave」は大手通信社Dow Jones(ダウ・ジョーンズ)のメディア部門とパートナーシップを結んでおり、今後もさらなるサービスの拡大が期待されています。

関連記事

ブロックチェーン活用ブラウザアプリ「Brave」がGoogle PlayにてDL数500万突破!
ダウ・ジョーンズがブロックチェーン活用へ。ブラウザ「Brave」と提携

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿