北朝鮮で進む仮想通貨の活用!カンファレンス開催、ビットコイン取引所開設へ!?

北朝鮮で現在、仮想通貨の活用が盛んになってきているようです。

仮想通貨活用のさまざまな取組みが行われる北朝鮮

仮想通貨活用
北朝鮮の平壌(ピョンヤン)で、仮想通貨とブロックチェーンの国際カンファレンスを開催する計画を立てていることが明らかになりました。10月1日(月)と2日(火)の2日間で開催予定。3日(水)には世界的に有名な仮想通貨とブロックチェーンの専門家を集め、北朝鮮のビジネス界の有名人と交流会を行うようです。また、北朝鮮が持つ分散型技術の披露も行われるとのことです。

さらに、北朝鮮のテクノロジー企業であるChosun Expoがビットコイン(Bitcoin/BTC)の取引所プラットフォームの開設に向け準備を進めているようです。国内での仮想通貨マイニングが積極的になってきていることも、韓国産業銀行(KDB)の報告によって明らかになっています。
仮想通貨の活用が進んできている北朝鮮ですが、国民による仮想通貨の認知度は低い状況です。北朝鮮ではインターネットのアクセス制限が厳しいため、仮想通貨発展には時間がかかるとも言われています。

関連記事

リップル社のカンファレンス「Swell」にビル・クリントン元大統領が登壇決定!

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰