BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

世界トップ50の大学の学生18%が仮想通貨を所持!大手取引所コインベースが調査を実施

アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。

世界で仮想通貨に興味を持つ大学生が増えてきているようです。アメリカの大手取引所coinbase(コインベース)とイギリスの調査会社であるQriouslyが共同で実施した調査によって明らかになりました。

仮想通貨に興味を持つ大学生が増加傾向に


coinbaseとQriouslyが行なった調査によると、世界トップ50の大学の42%にあたる21校が、仮想通貨やブロックチェーン関連の授業を1つ以上開講しているとのこと。8つ以上開講しているアメリカのスタンフォード大学やコーネル大学を筆頭に、イギリスのペンシルバニア大学やシンガポール国立大学なども5つ以上開講しています。
カリフォルニア大学では「ブロックチェーン、仮想通貨経済学、そして技術、ビジネスと法律の未来」という、定員70名に対し200名の受講希望者が集まる人気授業が開講されています。同授業を担当するDawn Song教授は「ブロックチェーンは理論と実践をつなげられる。多くの研究分野で重大な成果をもたらす可能性を持っている」と述べています。
また調査では、世界トップ50の大学の生徒のうち18%が仮想通貨を保有していることも判明。大学生の仮想通貨に対する興味・関心が高まってきていることが分かりました。仮想通貨やブロックチェーンにに関心が高まっている理由として、就職活動で高評価につながるためだと言われています。
現在、世界中で仮想通貨やブロックチェーンの技術者が不足しています。仮想通貨やブロックチェーンに興味を持つ大学生が増えていることで技術者不足の解消につながり、仮想通貨業界のさらなる発展に期待がかかっています。

関連記事

TRON財団がブロックチェーン大学創立を発表!授業参加に応じた学生への報酬制度も
世界初!オックスフォード大学教授によるブロックチェーン活用の大学「Woolf」設立へ
リップル社が大学教育に多額の寄付。ブロックチェーン研究と人材育成を目指す

アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。
PAGE TOP