IBMがStellar(ステラ)活用の決済システム「IBMブロックチェーン・ワールド・ワイヤー」発表!

ソフトウェア世界大手のIBMが決済システム「IBM Blockchain World Wire(IBMブロックチェーン・ワールド・ワイヤー)」を発表しました。

XRPの開発者が手がけたStellar(ステラ)を活用


「IBMブロックチェーン・ワールド・ワイヤー」は、Stellar(ステラ)プロトコルを活用した決済システムです。IBMは同決済システムを「ブロックチェーンとStellarのプロトコルを駆使し、わずか数秒間で金融機関による国際間決済を可能にする」と紹介しています。「IBMブロックチェーン・ワールド・ワイヤー」によって、決済コストの削減や効率の向上、さらに簡易化を実現することができるとのことです。世界各国の銀行の97%がIBMのクライアントであるため、「IBMブロックチェーン・ワールド・ワイヤー」がより普及していくだろうと言われています。
「IBMブロックチェーン・ワールド・ワイヤー」で活用されているStellarは、リップル(Ripple/XRP)を開発したJed McCaleb(ジェド・マケーレブ)氏のプロジェクトから生まれた仮想通貨として知られています。IBMが7月に発表したステーブルコイン(ペッグコイン)「Stronghold USD」でも、Stellarが活用されています。

関連記事

IBMが米ドル連動のステーブルコイン「Stronghold USD」を発行!
仮想通貨Stellar Lumens(ステラ・ルーメンズ)の特徴と将来性、取引所は?
IBMが1週間で6つのブロックチェーン特許を取得!

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰