IBMがStellar(ステラ)活用の決済システム「IBMブロックチェーン・ワールド・ワイヤー」発表!

ソフトウェア世界大手のIBMが決済システム「IBM Blockchain World Wire(IBMブロックチェーン・ワールド・ワイヤー)」を発表しました。

XRPの開発者が手がけたStellar(ステラ)を活用


「IBMブロックチェーン・ワールド・ワイヤー」は、Stellar(ステラ)プロトコルを活用した決済システムです。IBMは同決済システムを「ブロックチェーンとStellarのプロトコルを駆使し、わずか数秒間で金融機関による国際間決済を可能にする」と紹介しています。「IBMブロックチェーン・ワールド・ワイヤー」によって、決済コストの削減や効率の向上、さらに簡易化を実現することができるとのことです。世界各国の銀行の97%がIBMのクライアントであるため、「IBMブロックチェーン・ワールド・ワイヤー」がより普及していくだろうと言われています。
「IBMブロックチェーン・ワールド・ワイヤー」で活用されているStellarは、リップル(Ripple/XRP)を開発したJed McCaleb(ジェド・マケーレブ)氏のプロジェクトから生まれた仮想通貨として知られています。IBMが7月に発表したステーブルコイン(ペッグコイン)「Stronghold USD」でも、Stellarが活用されています。

関連記事

IBMが米ドル連動のステーブルコイン「Stronghold USD」を発行!
仮想通貨Stellar Lumens(ステラ・ルーメンズ)の特徴と将来性、取引所は?
IBMが1週間で6つのブロックチェーン特許を取得!

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSはフィンテックを中心にキャッシュレス、スマホ決済、ブロックチェーン、仮想通貨、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを分かりやすく提案するデジタルメディアです。