LINEの仮想通貨取引所「BITBOX」で独自トークン「LINK」の取り扱い開始へ!

LINEの仮想通貨取引所「BITBOX」で、独自トークン「LINK」の取り扱いを9月から開始することが発表されました。

「LINE Pay」決済で「LINK Point」が利用可能に


「LINK」は、日本向けの「LINK Point」と海外向けの「LINK」の2種類があります。日本向けの「LINK Point」は「LINEポイント」に交換し「LINE Pay」で1ポイントを1円として利用することが可能。また、LINEのサービスでの購入や決済でも「LINK Point」を利用することができます。
海外向けの「LINK」は、BITBOXで売買を行うことが可能です。一方、日本向けの「LINK Point」は現在日本でBITBOXのサービス展開がされていないため、売買を行うことができない仕組みとなっています。

また、LINEは「LINK」発行に伴い、6月のカンファレンスで発表した「LINE Token Economy」構想を展開していくことを明らかにしました。
LINEは「LINK Chain」をメインネットとして「LINK エコシステム」を公開。「LINK エコシステム」に参加するDAppsや今後参加する予定のLINEのサービスに登録・利用すると、サービスへの貢献やアクションに応じたインセンティブとして「LINK」を得ることができます。また「LINK エコシステム」には今後、他社のサービスも参加できるようになる予定とのことです。

関連記事

LINEがブロックチェーンプラットフォーム「LINE Token Economy」を発表!DAppsの開発も
LINEの仮想通貨取引所「BITBOX」がシンガポールにてオープン!

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSはフィンテックを中心にキャッシュレス、スマホ決済、ブロックチェーン、仮想通貨、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを分かりやすく提案するデジタルメディアです。