ブロックチェーン活用のAmazonが時価総額112兆円を達成!

9月4日(火)、世界最大のショッピングサイトで知られるAmazon(アマゾン)の株価時価総額が1兆ドル(約112兆円)を達成しました。これに対して、大手取引所Binance(バイナンス)のCEOが発言した内容が多くの注目を集めています。

バイナンスCEOも注目!時価総額10兆ドルを達成する仮想通貨企業現れるか


Amazonでは以前からブロックチェーンの活用が活発であり、自社サービス「Amazon Web Services(アマゾンウェブサービス/AWS)」ではイーサリアム(Ethereum/ETH)やHyperledger Fabricを使用して手軽にDAppsの作成ができる機能「AWS Blockchain Templates」の提供を行なっています。
Amazonは9月4日(火)に株価時価総額が1兆ドル(約112兆円)を達成。なお、過去にソフトウェア大手のApple(アップル)も株価時価総額1兆ドルを達成しており、AmazonはAppleに次ぐ巨大企業となりました。
これを受けて、BinanceののCEOである趙長鵬(ジャオ・チャンポン)氏は自身のツイッターにて「最初に時価総額10兆ドルを達成する企業は、仮想通貨関連企業かもしれない」と発言。ブロックチェーンなど最新の技術を活用するAmazonが株価時価総額1兆ドルを達成したことで、仮想通貨関連企業はもちろんのこと、それ以外の企業でも仮想通貨やブロックチェーンの活用がさらに加速していくかもしれません。

関連記事

Amazon Web ServicesとConsenSysが提携!新サービス「Kaleido」を発表
アマゾンウェブサービス、手軽にDAppsを作成できるサービスを開始
日本でAmazonギフトカードがビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)で購入可能に!BitPayが提供開始

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信