BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

リップル社CEOのBrad Garlinghouse氏がカンファレンス「Disrupt SF」に登壇!今後の展開を述べる

Ripple(リップル)社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏が、TechCrunch(テッククランチ)が主催するテクノロジーカンファレンス「Disrupt SF」に登壇しました。

顧客像や問題を明確にしたサービス提供を目指す


「Disrupt SF」に登壇したGarlinghouse氏は、TechCrunchの創設者で知られるMichael Arrington(マイケル・アーリントン)氏との対談を展開。Arrington氏はXRPの支持者であることで知られており、2017年には自身で完全XRP建てのヘッジファンド「Arrington XRP Capital」を設立しています。
対談では「Arrington XRP Capital」についてはもちろんのこと、アメリカ国内の仮想通貨・ブロックチェーン業界の現状を語りました。また、Garlinghouse氏はリップル社について「純粋に投機的なプロジェクトと現実の問題を解決するプロジェクトの間には一線が引かれる。リップル社は明確な顧客を持ち、明確な問題を解決することを目指し業務を行なっていく」と述べています。

最近ではリップル社のターゲットである銀行をはじめとした金融機関に「xCurrent」、「xRapid」、「xVia」といった同社のシステムが導入され始めています。またXRPを基軸にした仮想通貨取引所も増えてきており、XRPの流動性が高まってきています。リップル社が顧客像や問題を明確にしたサービスを提供していくことで、国際送金や決済で抱えている問題が解決していき、より利便性の高い国際送金や決済が提供されることが期待されています。

関連記事

アメリカン・エキスプレスがxRapid採用へ!リップル社の元CEOが発言
リップル社のxRapidが仮想通貨取引所Bittrex、Bitso、Coins.phで採用!
CEOが発言。年内に大手銀行がリップル社の「xRapid」を導入か

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰
PAGE TOP