リップル社やコインベースが「アメリカで最も人気のあるスタートアップ50社」にランクイン!

世界最大級のビジネス特化型SNSで知られるLinkedInが「LinkedIn Top Startups 2018」を発表しました。

リップル社は7位、コインベースは3位に


「LinkedIn Top Startups 2018」では、アメリカで最も人気のあるスタートアップ50社が選ばれました。7位にRipple(リップル)社が、3位に仮想通貨取引所のCoinbase(コインベース)がランクインされています。また、株式投資アプリで知られるRobinhoodは6位、世界最大のビットコイン(Bitcoin/BTC)所有者で知られるウィンクルボス兄弟が運営する取引所Gemini(ジェミニ)は25位に選ばれました。
LinkedInによると、リップル社とCoinbaseは年末までに雇用の増加を検討しているとのこと。雇用の増加により2社は拠点のアメリカだけでなく、世界中の企業で自社の製品やサービスの採用がさらに加速していくことでしょう。特にリップル社は世界中の金融機関で自社の送金システムが導入され始めていることから、多くの注目が集まっています。

関連記事

リップル社、100社以上と提携!共同設立者クリス・ラルセン氏が発言
リップル社CEOのBrad Garlinghouse氏がカンファレンス「Disrupt SF」に登壇!今後の展開を述べる
世界最大級の仮想通貨取引所Coinbaseが三菱UFJと提携で日本進出!

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信