リップル社がブラジルのフィンテック企業「BeeTech」と提携!

Ripple(リップル)社がブラジルのフィンテック企業「BeeTech」との提携を発表しました。

南米にも広がるリップル社のシステム


「BeeTech」はブラジルにて、国際送金サービスやオンライン外貨両替サービスを提供しています。「BeeTech」で展開されている国際送金サービス「Remessa online」は、ブラジル中央銀行から最初に認可を受けたオンライン国際送金サービスとも言われています。
リップル社のシニア・ヴァイス・プレジデントであるEric van Miltenburg(エリック・ヴァン・ミルテンブルグ)氏が、アメリカ・マイアミで行われたカンファレンス「Fintech Americas」に参加。同カンファレンスにて「BeeTech」との提携を発表しました。今後リップル社は「BeeTech」のサービス展開をサポートしていくとのことです。

関連記事

リップル社のxCurrentを活用!SBIレミットの国際送金累計額が5,000億円を突破
TransferGoがリップル社の技術を活用した送金サービス「TransferGo NOW」を開始!
リップル社、100社以上と提携!共同設立者クリス・ラルセン氏が発言

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信