NEMブロックチェーン活用!アメリカで電子政府システムの実証実験を実施

アメリカ・モンタナ州の祭「Crow Fair(クロウ・フェア)」にて、NEMブロックチェーンを活用した電子政府システムの実証実験が行われました。


NEMブロックチェーンをベースに選挙投票など実施

ブロックチェーン
「Crow Fair」は毎年開催しており、ネイティブ・アメリカンがそれぞれの部族の伝統文化を披露する祭となっています。

100回目となる今回の「Crow Fair」では、ソフトウェア開発を手がけるHe3LabsとそのパートナーであるUniversal Tribal Partnersが協力し、電子政府システムの実証実験を実施しました。

電子政府システムでは市民IDを用いた選挙投票や土地登録、決済といったサービスがNEMブロックチェーンをベースに提供されました。なお、実証実験ではHe3Labsのプラットフォーム「Threshold DLT」のアルファ版が使われたようです。


関連記事

寄付追跡プラットフォーム「Vantage Network」がNEMブロックチェーンへ移行

ウクライナにてNEMブロックチェーン活用の選挙投票テストを実施!

政治情報共有プラットフォーム「PoliPoli」がNEMブロックチェーンを採用

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信