ファーストフード大手のサブウェイ、ベネズエラでDASH(ダッシュ)決済導入!

ベネズエラにある世界大手ファーストフード店SUBWAY(サブウェイ)にて仮想通貨DASH(ダッシュ)を用いた決済が導入されました。

DASH市場世界2位のベネズエラ


今回、ベネズエラの首都カラカスにあるショッピングモール「CCCT」内のSUBWAYにてDASHを用いた決済が可能になりました。Dash MerchantによるPOSシステムが導入されており、店舗側が提示したQRコードを読み取ることで決済を行うことが可能です。
ベネズエラではDASHが利用できる店舗が多く存在し、毎月200のベネズエラの店舗がDASH決済を導入しています。最近ではDASH市場でベネズエラが世界第2位になったことが明らかになったことで、経済情勢が厳しいベネズエラで仮想通貨決済の需要がさらに高まっていくかもしれません。

関連記事

ベネズエラが仮想通貨DASH(ダッシュ)市場で取引量世界2位に!
仮想通貨DASH(ダッシュ)が仮想通貨スマホメーカーKRIPと提携!

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信