BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

中国のブロックチェーン企業、日本円連動のステーブルコイン発行へ!

中国のブロックチェーン企業Grandshores Blockchain Fundが、日本円を基軸としたステーブルコインを発行することが明らかになりました。

日本の銀行も発行に協力


ステーブルコインは「ペッグコイン」とも呼ばれており、法定通貨と連動した価格の変動がない通貨のことです。
Grandshores Blockchain Fundの共同設立者であるYao Yongjie氏によると、日本円基軸のステーブルコイン発行に向けて現在準備を進めているとのこと。発行は2018年末か2019年初めを予定しているようです。また、日本の銀行を仲介役としてステーブルコインの発行を進めていくとしています。なお、現時点でどの日本の銀行かは明らかになっていないようです。

法定通貨を基軸としたステーブルコインは増加してきており、最近ではIBMの「Stronghold USD」や世界最大のビットコイン(Bitcoin/BTC)所有者として知られるウィンクルボス兄弟の「Gemini dollar」といったドルペッグコイン(米ドル連動の通貨)の発行が発表されています。

関連記事

「ステーブルコイン」や「ペッグ通貨」とは?仮想通貨の重要ワードを解説!
仮想通貨Tether(テザー/USDT)の特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?
ウィンクルボス兄弟がドルペッグコイン「Gemini dollar」発表!
IBMが米ドル連動のステーブルコイン「Stronghold USD」を発行!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP