「街コン」ビジネスのリンクバルが恋愛イベントにブロックチェーン技術を活用

街コン公式サイトを運営する株式会社リンクバルが、一般社団法人ブロックチェーン推進協会(BCCC)に加入したことを発表しました。

恋愛イベントにブロックチェーン技術が活用される

街コン公式サイト「街コンジャパン(https://machicon.jp/)」を運営している株式会社リンクバルは、日本国内におけるブロックチェーン技術の研究開発を行っている一般社団法人ブロックチェーン推進協会(BCCC)に加入しました。リンクバルの発表によれば、恋愛・婚活業界での新たな基盤創造研究やブロックチェーンの技術的及び法律的検証に向け、一般社団法人ブロックチェーン推進協会(BCCC)に加入したとのことです。街コンなどの恋愛イベントでブロックチェーンを用いたIDチェックを行ったり、独自トークンを開発したりなど、ブロックチェーン技術の検討を進めていく方針のようです。

一般社団法人ブロックチェーン推進協会(BCCC)とは

一般社団法人ブロックチェーン推進協会(BCCC)は2014年9月12日に設立され、日本国内におけるブロックチェーン技術の普及啓発、研究開発、関連投資の促進、および海外ブロックチェーン団体との連携の推進などを目的とした協会です。日本産業の国際競争力増進とブロックチェーン技術の進化に貢献し、世界のブロックチェーン団体とも連携しその情報を国内で配信するほか、ブロックチェーン先進国として日本から世界へと向けて発信しているようです。

株式会社リンクバルとは

株式会社リンクバルは、2011年12月に設立されました。“世界をつなぎ、社会を幸せにする”という企業理念のもと、街コン情報サイト「街コンジャパン」をはじめ、恋活・婚活マッチングサービス「カップリンク」など多数のウェブサイトの運営を行い、地域活性化や独身者の出会いの場の創出に向けて取り組んでいます。

合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信