分散型取引所Bancorが初のイーサリアムとEOSのクロスチェーン「BancorX」発表!

分散型取引所Bancor(バンコール)が「BancorX」を発表しました。

イーサリアムとEOSがクロスチェーンでつながる


Bancorはイスラエルの分散型取引所(DEX)です。Bancorが発行する通貨「BNT」は、世界経済を安定させるための“超国家的通貨”として提案した制度をもとに開発されました。またBancorは2017年6月に、ICOで当時としては異例の1億5,300万ドル(168億円)をたった3時間で調達したことで知られています。

今回Bancorはイーサリアム(Ethereum/ETH)イオス(EOS)のクロスチェーン(異なるブロックチェーン同士をつないだもの)である「BancorX」を発表しました。
「BancorX」では、取引所や第三者を介すことなくEOSベースのトークンの取引が可能。さらにBancorに上場しているEOSベースのトークンを、Bancor Protocolを通じてイーサリアムベースのトークンに即時に変換することができるようです。
なおBancorによると、イーサリアムとEOSのクロスチェーンは初の取組みとのことです。

関連記事

DApps(分散型アプリケーション)とは?読み方や概要、おすすめのゲームを紹介。仮想通貨やイーサリアムの将来を担う!?
EOS、イーサリアムがトップに!中国の政府機関CCIDが仮想通貨ランキング公開
バンコールがケニアの貧困問題解決のためコミュニティトークン・ネットワーク設立へ
分散型取引所のバンコール、トークン交換ができるネイティブウォレットをリリース

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰