ニュースまとめ

三菱UFJ銀行、アメリカの銀行大手Citiも協力!ブロックチェーン活用の商品取引プラットフォームリリースへ

世界の主要金融機関や貿易会社が共同で、ブロックチェーン活用した商品取引プラットフォームのリリースを検討していることが明らかになりました。

MUFG、Citiなど数多くの金融機関や貿易会社が協力


この商品取引プラットフォームでは、小麦から石油まで幅広い商品の取引に資金を提供するとのこと。プラットフォームの運営はスイス・ジュネーブのベンチャー企業komgo SAが担当します。なおkomgo SAは、日本の三菱UFJ銀行やアメリカのCiti、オランダのABN AMROなど世界の多くの主要金融機関や貿易会社によって設立されたベンチャー企業であることが明らかになっています。
商品取引プラットフォームは2018年末までに稼働予定であり、原油、農産、金属などの取引で活用されるとしています。

関連記事

LCNEMがブロックチェーン活用の転売防止チケットシステム「Ticket Peer to Peer」公開!
博報堂がブロックチェーン活用を推進する「HAKUHODO Blockchain Initiative」を発足!
大和証券が株式売買でブロックチェーン活用へ!実証実験も実施

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>LINEでお得な情報発信中!
CTR IMG

LINEでお得な情報発信中!

BITDAYSのLINE公式アカウントでしか見られないお得なクーポンやキャンペーン情報を配信です!