BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

SBIが独自通貨「Sコイン」の実証実験を六本木で実施!

SBIホールディングスが独自通貨「Sコイン」の実証実験の実施を発表しました。

SBIグループ社員を対象に実験を実施


以下、プレスリリースより引用。

SBIホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:北尾 吉孝、以下「SBIH」)、株式会社Orb(本社:東京都港区、代表取締役:藤本 守、以下「Orb」)及びグローリー株式会社(本社:兵庫県姫路市、代表取締役社長:尾上 広和、以下「グローリー」)は、2018年10月より、ブロックチェーン/分散型台帳技術を用いた「Sコインプラットフォーム」を通してSBIHが発行する決済用コイン「Sコイン」の実証実験を開始いたします。

「Sコイン」は、スマートフォン上でチャージ・決済ができる決済用コインです。本実証実験ではSBIグループ社員を対象として、SBIHが入居する六本木一丁目泉ガーデンタワー内の飲食店等において、「スタンプ認証」にてキャッシュレスで決済できる仕組みを構築します。本実証実験を通じて、決済分野におけるブロックチェーン/分散台帳技術の更なる可能性・有用性を研究し、キャッシュレス促進へと繋げていきたいと考えております。
「Sコインプラットフォーム」はSBIHが開発するデジタル通貨等の発行プラットフォームです。前払式支払手段の電子マネー等、用途に応じて独自のデジタル通貨を設計し、発行することが可能です。基盤部分は、ブロックチェーン関連技術を用いた決済分野に高いノウハウと基盤ソフトウェアを持つOrbが提供する分散台帳技術「Orb DLT」を活用しています。

今回の実証実験においては、Sコインプラットフォーム上に、クレジットカードによるチャージ手段に加え、セルフ端末で多数の製品を展開しているグローリーの自動機を設置し、現金によって「Sコイン」をスマートフォン上のウォレットにチャージする仕組みを構築します。これにより、現金と各種電子通貨の交換を行い、想定される様々な利用者のニーズを満たせるかを検証します。その後、グローリーの製品で決済できるようにするなど電子通貨決済の検討を推進していきます。
SBIH、Orb、グローリーは、近年のスマートフォンの普及に伴うユーザーの決済デバイスの変化や技術革新により創出されるフィンテック市場を見据え、様々な決済インフラを提供することでキャッシュレス社会を創造し、お客さまの利便性向上を目指してまいります。

関連記事

SBIの仮想通貨取引所「VCTRADE」の特徴は?取り扱い通貨や登録方法を解説!
SBIがリップル社のxCurrent活用送金アプリ「MoneyTap」を今秋リリースへ!
リップル社のxCurrentを活用!SBIレミットの国際送金累計額が5,000億円を突破

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP