自動販売機のコーヒーがビットコイン(BTC)で買える!Bitfuryがライトニングネットワーク活用

Bitfury(ビットフューリー)が、ライトニングネットワークを活用したコーヒーの自動販売機を開発したことが明らかになりました。

「ブロックチェーン業界をリードする企業」がライトニングネットワークを活用


Bitfuryは、ブロックチェーンを活用したサービスの提供を行う民間最大のインフラプロバイダーです。5月にヨーロッパで開催された「BlockShow Europe 2018(ブロックショー・ヨーロッパ2018)」では、「ブロックチェーン業界をリードする企業」の第1位に選ばれています。

ブロックチェーンの活用が注目を集めるBitfuryですが、今回ビットコイン(Bitcoin/BTC)決済が可能なコーヒーの自動販売機の開発を手がけたことが明らかになりました。自動販売機に表示されたQRコードを読み取ることで、コーヒーの購入が可能になるとのことです。
さらに、この自動販売機にはライトニングネットワークが活用されています。ライトニングネットワークは、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決するために開発されたネットワークです。マイクロペイメント(1円以下の少額決済)が可能なことから、Bitfuryの自動販売機のような少額の決済サービスとライトニングネットワークの相性が合うことが考えられます。

なお、コーヒーの自動販売機は現在Bitfuryのオフィス内のみで運用しているとのこと。現時点では一般向けに提供する予定はなく、ライトニングネットワークと自動販売機の互換性があるか判断するために運用しているようです。

関連記事

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)。特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!
LAppsとは?概要や特徴、実用例を紹介!ライトニングネットワークが世界を変える!?
決済サービスのコインゲートがビットコインのライトニングネットワーク決済テスト実施へ
ライトニングネットワークでポケモンをプレイ!ゲーム「Poketoshi」登場
EUブロックチェーン業界のリーダーが決定!ビットフューリーが企業部門1位に

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSはフィンテックを中心にキャッシュレス、スマホ決済、ブロックチェーン、仮想通貨、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを分かりやすく提案するデジタルメディアです。