コインベース、ロイヤルコイン(LYL)など仮想通貨関連企業も参加!金融庁と日経新聞共催の「FIN/SUM×REG/SUM 2018」開催中

金融庁と日本経済新聞社が共催するイベント「FIN/SUM 2018」が9月25日(火)から9月28日(金)まで開催されています。

仮想通貨関連企業も多く参加


「FIN/SUM×REG/SUM 2018」は2018年に開催されていた「FIN/SUM WEEK」と「REG/SUM」を融合した、フィンテックとレグテックをテーマにしたイベントとなっています。国内外からの予選を勝ち抜いた30社のスタートアップによるピッチランやシンポジウムなど、イベントでは多くの催しが行われています。
「FIN/SUM×REG/SUM 2018」の登壇者は三菱UFJ銀行やみずほ銀行、住信SBIネット銀行といった国内大手の銀行はもちろんのこと、アメリカの大手取引所coinbase(コインベース)NEMベースの通貨で知られるLoyalCoin(ロイヤルコイン/LYL)など、多くの仮想通貨関連企業やプロジェクトも参加します。
※登壇者一覧はこちら

なお9月25日(火)に開催されたピッチランでは、仮想通貨ウォレットでお馴染みのGinco(ギンコ)の代表取締役である森川夢佑斗氏が登壇。仮想通貨ウォレットを主軸とした次世代型のアセットプラットフォームについて語りました。

「FIN/SUM×REG/SUM 2018」概要

期間:9月25日(火)~9月28日(金)
会場:丸ビルホール7階及び8階(メイン会場)ほか近隣6会場
(東京都千代田区丸の内2-4-1 ほか6会場)
公式サイトはこちら

関連記事

仮想通貨ネム(NEM/XEM)。特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!
日本進出決定!仮想通貨取引所coinbase(コインベース)の特徴や取り扱い通貨、登録方法、使い方は?
【BITDAYS突撃インタビュー】国内最大のウォレットサービス、Gincoに潜入取材を敢行!
SBIが独自通貨「Sコイン」の実証実験を六本木で実施!

合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信