BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

リップル社が社会問題解決プログラム「Ripple for Good」発表!

Ripple(リップル社)が社会問題解決プログラム「Ripple for Good(リップル・フォー・グッド)」の開始を発表しました。

教育や金融のプロジェクトに投資


「Ripple for Good」では科学、技術、工学、数学といった理系教育やフィンテック、金融リテラシーに焦点を当てたプログラムとのこと。リップル社が2500万ドル(約28億円)を拠出するほか、8000万ドル(約90億円)の寄付によって運営。教育や金融のプロジェクトに投資していくようです。
「Ripple for Good」は「RippleWorks」との共同事業として実施することが明らかになっています。なお「RippleWorks」は、リップル社の共同設立者兼COO(最高執行責任者)であるChris Larsen(クリス・ラーセン)氏によって設立された非営利団体です。
またリップル社は、マサチューセッツ工科大学をはじめとする世界の17の大学へ5,000万ドル(約55億円)の寄付を行うほか、歌手のMadonna(マドンナ)氏とアフリカ・マラウイ共和国の子供たちのために寄付金を募るプロジェクトを発足するといった活動も行ってきました。国際送金分野で日々革新を続けるリップル社ですが、社会貢献活動にも注目が集まってきています。

関連記事

仮想通貨リップル(Ripple/XRP)の特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!
ジャスティン・ビーバー氏のマネージャー「リップル(XRP)が標準となる」
人気歌手マドンナ氏がリップル社と提携!アフリカの子供たちを支援へ
リップル社が大学教育に多額の寄付。ブロックチェーン研究と人材育成を目指す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP