BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

タイのサイアム商業銀行がRippleNetの「マルチホップ」機能導入へ!

Ripple(リップル社)のRippleNetに加盟するタイのサイアム商業銀行が、決済システム「マルチホップ」を導入することが明らかになりました。

「マルチホップ」で国際送金をスムーズに


従来の国際送金では、現地通貨を米ドルに交換してから「コルレス銀行(国際送金する際に経由する銀行のこと)」を通じて送金し、米ドルを送金先の現地通貨に交換する必要がありました。また、コルレス銀行を通じた送金ではコストや時間が多くかかると言われています。
一方「マルチホップ」機能ではサイアム商業銀行が仲介銀行となり、国際送金を行う金融機関は1対1で直接取引をする必要がなくなります。これにより米ドルへ交換せずに送金が可能になり、送金にかかるコストや手数料を抑えることができるようになります。
なお、RippleNet内で「マルチホップ」を導入する金融機関はサイアム商業銀行が初。リップル社はサイアム商業銀行が「マルチホップ」を活用することで、「ASEAN(東南アジア諸国連合)域内外での送金が行いやすくなり、決済の民主化につながる」と述べています。

関連記事

仮想通貨リップル(Ripple/XRP)の特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!
リップル社の「RippleNet」とは?
リップル社のカンファレンス「Swell」にビル・クリントン元大統領が登壇決定!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

国内・海外問わずさまざまな仮想通貨関連ニュースをお届けしています。好きな食べ物は発酵食品。休みの日はライブやフェスへ足へ運んだり、イカになったりします。
PAGE TOP