BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

リップル社のxRapidが商用リリース!3つの金融機関に導入

Ripple(リップル社)の「xRapid」が商用リリースされ、3つの金融機関に導入されたことが発表されました。

3つの金融機関でxRapidの商用利用を開始


先日、リップル社のアジア太平洋地域規制責任者であるSagar Sarbhai(セイガー・サーバイ)氏が「来月あたり、xRapidに関して良いニュースを届けられる自信がある」とCNBCのインタビューで述べ、来月にxRapidを商用化リリースする可能性があることを明らかにし多くの注目を集めました。
そして10月1日(月)、リップル社のカンファレンス「Swell」にてCEOのBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏がxRapidの商用リリースを発表。国際送金サービスのMercuryFX、アメリカからメキシコへの送金サービスを提供するCuallix、決済や送金など金融に関するさまざまなサービスを提供するCatalyst Corporate Federal Credit Unionといった3つの金融機関でxRapidが導入済みであることが明らかになりました。商用リリースが決まったことで、世界中の金融機関でxRapidの活用がさらに活発化していくかもしれません。

関連記事

仮想通貨リップル(Ripple/XRP)の特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!
XRPを活用!リップル社の国際送金システム「xRapid」とは?
リップル社のxRapid、来月に商用化リリースか!?インタビューにて発言
リップル社が「RippleNet委員会」を発足!三菱UFJ、SBI、アメックスなど世界の金融機関が集結

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

国内・海外問わずさまざまな仮想通貨関連ニュースをお届けしています。好きな食べ物は発酵食品。休みの日はライブやフェスへ足へ運んだり、イカになったりします。
PAGE TOP