ニュースまとめ

大手取引所バイナンス、上場手数料を慈善団体に全額寄付へ!

大手取引所Binance(バイナンス)が上場手数料を慈善団体へ全額寄付することを発表しました。

上場手数料をすべて公開・寄付へ


Binanceは今後上場の際に発生した手数料を公開し、慈善団体に上場手数料を全額寄付すると発表しました。
Binanceでは以前から慈善活動を実施しており、ブロックチェーンを活用したチャリティ団体「Blockchain Charity Foundation」を設立しています。6月に西日本豪雨が発生した際はCEOである趙長鵬(ジャオ・チャンポン)氏が被害者に対して100万ドル(約1億1000万円)の寄付を行い、日本のユーザーから多くの支持を受けました。取引所サービスはもちろんのこと、慈善活動でも多くの支持を受けるBinanceから今後も目が離せません。

関連記事

BINANCE(バイナンス)の特徴、評判、取扱通貨、登録方法を解説!世界最大の仮想通貨取引所
大手仮想通貨取引所バイナンス、西日本豪雨被害者への寄付を正式発表
バイナンスCEOジャオ氏が西日本豪雨被害者へ100万ドル寄付を表明

Binance(バイナンス)の登録はこちらから

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。