BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

検索で振り返る2017年。3位にビットコインがランクイン!

もう2017年も残すところ20日ほど。今回のニュースはGoogleトレンド、2017年の急上昇ワードから、1年を振り返ります。2017年の出来事と言えば、あなたはどんなことが記憶に残っていますか?

2017年急上昇ワードから今年を振り返る

2017年の急上昇ワード、ベスト10はコチラ。
①小林麻央
②北朝鮮
③ドラクエ11
④台風
⑤wbc
⑥松居一代
⑦安室奈美恵
⑧清水富美加
⑨iphone 8
⑩ブルゾンちえみ

https://trends.google.co.jp/trends/yis/2017/JP/

急上昇ワード1位になったのは、元アナウンサーの小林麻央さん。誰もが知る有名人の闘病は多くの日本人の涙を誘いました。また、7位には来年2018年9月16日をもって26年に及ぶ芸能活動から引退することが明らかになった安室奈美恵さんも。四半世紀にわたり第一線で活躍し、人気絶頂のまま引退することを決めた安室奈美恵さん。まだ信じられないような気持ちでいる人も多いのではないでしょうか?

今年の検索ワードランキングでビットコインは第3位

BITDAYS編集部としてはやはりこの話題に触れないわけにはいきません。2017年のトレンドに仮想通貨関連のワードはあったのでしょうか?

ありました!

「比較」されたトピックランキングの3位に「ビットコイン 比較」がランクイン。〇〇とはランキングには「valuとは」もランクインしています。VALUとは、様々な情報から自分の価値を算出し、その価値に基づいてVAと呼ばれる疑似株式を発行、それをユーザー同士で自由に売買できるサービスです。この売買はすべてビットコインで行われます。

仮想通貨の名前はビットコインしかありませんでしたが、仮想通貨を使ったサービスの名前がランクインしてくるあたりは、やはり2017年を象徴するランキングと言えるのではないでしょうか。

過去一年のビットコインの検索ボリュームを振り返る

更にGoogleトレンドを使ってビットコインでの検索がどのように推移したのか調べてみました。下記のグラフは過去一年にGoogleでビットコインが調べられた推移です。

11月後半から一気に検索ボリュームが増えているのがわかります。11月後半といえばビットコインの価格が1BTC=200万円になった頃ですね。価格の高騰が話題となり検索ボリュームも増えたことがよく分かります。

2018年は更に話題に?

2017年は仮想通貨元年と言われています。まだまだ仮想通貨にとっては今年が最初の年。今年でさえ、年末が近づくに連れて様々な場所で名前を聞くようになりました。来年2018年はいったいどれくらいの仮想通貨関連ワードがこのランキングを賑わすのでしょうか?このランキングには注目度が反映されます。さらに多くのワードがここに入ってくるような2018年になれば、仮想通貨の未来は明るいのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
ミツヤコウヘイ

ミツヤコウヘイ

BITDAYS編集長です。
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial