DApps開発支援サービス「getho」ベータ版リリース!

株式会社PopshootがDApps開発支援サービス「getho」のベータ版をリリースしました。

DApps開発者にとって必要不可欠なプラットフォームに


以下、プレスリリースより引用。

株式会社Popshoot (代表取締役社長:大山敏浩、以下、弊社)は、イーサリアム(Ethereum/ETH)プライベートノードの立ち上げや、Webデバッガーを利用したスマートコントラクトの実行とテストなどを行うことができるプラットフォームサービス”getho”(https://getho.io/)のβ版提供を本日より開始いたしました。
gethoは世界中全てのDApps開発者にとって必要不可欠な開発支援プラットフォームを目指します。

公式サイト:https://getho.io/

gethoについて

gethoは、DApps開発に必要不可欠な機能を持ち合わせたDApps開発者支援プラットフォームです。gethoβ版では大きく分けて以下3つのサービスに絞り提供して参ります。

1.プライベートノードの立ち上げ&HTTPエンドポイント経由でどこからでもアクセス可

getho(https://getho.io/)のHPにたどり着けば、あとは”Create Node”を押し、簡単なユーザー登録を行うだけでイーサリアムのプライベートノードを構築することができます。
また、複数人(チーム開発)でDApps開発を行いたい場合でも、簡単にリモートサーバーを構築できるのでチーム開発に適しています。

2.プライベートノードにおけるトランザクションログの表示

Blockchain.infoなどにおけるトランザクションログは、パブリックブロックチェーンを対象にしたもので、プライベートブロックチェーンの場合トランザクションログをコマンドライン上でしか確認することができません。gethoではプラットフォーム内に、トランザクションログの確認可能なGUIを実装し、トークン移動の確認が容易に行えます。

3.Webデバッガーツールを用いたスマートコントラクトの実行とテスト

スマートコントラクトの実行をテスト環境にて簡単に行うことが可能です。
また、これらの機能に加え、DApps開発に一般的なTruffle Frameworkをそのまま用いることで、gethoにスマートコントラクトを簡単にデプロイすることができます。​

β版における料金形態について

β版においても、α版から引き続き無料にてお使い頂けます。
また、企業にてお使いをご検討されている場合は随時サポートさせて頂きますのでお問い合わせください。

今後について

gethoは世界中誰もが簡単にDApps開発を行える、そして全DApps開発者にとって必要不可欠な開発支援プラットフォームを目指しています。
現在(2018年10月)はまだβ版のため、利用できる機能なども限られてはおりますが、随時ユーザーからのヒアリングを行い正式リリースへ向けたユーザーエクスペリエンス向上を目指してまいります。

会社概要

会社名 : 株式会社Popshoot ( http://popshoot.co.jp )
代表者 : 大山敏浩
設立 : 2015年10月15日
事業内容 : スマートフォンアプリの開発・運営
所在地 : 〒106-0032 東京都港区六本木7-3-12 六本木インターナショナルビル5B
お問い合わせ先:getho@popshoot.co.jp

関連記事

仮想通貨イーサリアム(Ethereum/ETH)。特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!
DApps(分散型アプリケーション)とは?読み方や概要、おすすめのゲームを紹介。仮想通貨やイーサリアムの将来を担う!?
無料で瞬時にEthereumのプライベートノードを構築できるサービス「getho」α版をリリース

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSはフィンテックを中心にキャッシュレス、スマホ決済、ブロックチェーン、仮想通貨、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを分かりやすく提案するデジタルメディアです。