大手取引所バイナンス、初となる法定通貨建て取引をウガンダで提供!

大手取引所Binance(バイナンス)が、仮想通貨と法定通貨のペア取引をウガンダで提供することが発表されました。

BTCとETHがUGXと取引可能に

10月17日(水)からBinance Ugandaで、ウガンダの法定通貨であるウガンダシリング(UGX)の入出金受付を開始予定。現時点でUGXとの取引が可能になる仮想通貨はビットコイン(Bitcoin/BTC)イーサリアム(Ethereum/ETH)の2種類とのことです。なおBinanceが法定通貨建て取引を提供するのはウガンダが初であり、今後はリヒテンシュタインやマルタ、シンガポールでも同様のサービスを提供する予定です。

Binanceはウガンダだけでなく、アフリカ全体でのサービス拡大を目指しています。以前cryptosavannahやAggie Konde氏、Helen Hai氏と提携を行い、ウガンダの経済発展や若者の雇用促進を行っていくと明らかにしています。CEOの趙長鵬(ジャオ・チャンポン)氏はこの提携について「仕事を生み出すほか投資も呼び込み『経済改革』を推進していくだろう」と述べています。

関連記事

BINANCE(バイナンス)の特徴、評判、取扱通貨、登録方法を解説!世界最大の仮想通貨取引所
Binance Coin(バイナンスコイン/BNB)で不動産購入が可能に!
バイナンスが法定通貨建ての取引所「Binance LCX」をリヒテンシュタインに設立!
中国の大手取引所バイナンスが仮想通貨から法定通貨への交換を可能に

Binance(バイナンス)の登録はこちらから

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。