Monero(モネロ/XMR)がハードフォークを実施!取引手数料を約20〜30%削減へ

モネロ(Monero/XMR)が本日10月18日(木)にハードフォークを実施します。

XMRのストレージや取引手数料を大幅削減へ

今回のハードフォークでは「Bulletproofs」と呼ばれる新機能が追加されます。Moneroの特徴である匿名通貨の要素をさらに強める機能となっており、「ゼロ知識証明(相手に秘密情報そのものを知らせずに、自身が秘密情報を知っていることを相手に知らせる方法)」を最適化するとのことです。また取引に必要なストレージを約80%まで下げるとしており、約13KBのストレージが2.3KBに、取引手数料は約20〜30%も削減されるようです。

なおハードフォークに伴い、Moneroのウォレットは新バージョンへアップデートする必要があります。新バージョンはMoneroの公式Redditで公開中。ウォレットを所持している方はアップデートを済ませておきましょう。

関連記事

仮想通貨モネロ(Monero/XMR)の特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!
仮想通貨モネロ(Monero/XMR)のハードフォークまとめ~これからの予定はあるの?~

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュースを担当。国内や海外の経済・金融ニュースを執筆しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payを主に利用。好きな食べ物は発酵食品。ハムカツなのに。