イギリスの決済サービス会社MoneyNetIntがリップルネットに加盟

イギリスに拠点を置く決済プロバイダーMoneyNetIntは、リップル社の送金ネットワーク「RippleNet(リップルネット)」に加わることを発表しました。

新たにイギリスの企業がリップルネットに加盟

MoneyNetIntは、決済サービスやクレジットカード、国際送金、為替など、企業および個人向けに幅広い金融サービスを提供しています。

同社のCEOであるYishay Trif氏は、リップルネットへの加盟について以下のように述べました。

リップルのチームがいかにプロフェッショナルであるかが分かったので参加することにしました。これまで何ヶ月、何年もかかっていた金融機関間のインターフェースと承認プロセスは、現在では数日から数週間へと大幅に短縮されています。これは我が社にとって、決済業界の革新的分野に進出し、業界で画期的な企業になるための戦略的提携です。

リップルネットには、すでに100社以上の金融機関や企業が参加しており、そのネットワークは世界40ヶ国にも拡大しています。リップル社については、仮想通貨XRPのみならず、「リップルネット」という面でも目が離せません。

関連記事

リップル社の「RippleNet(リップルネット)」とは?
リップル社の「xCurrent」とは?ILPで世界の金融システムを変える
XRPを活用!リップル社の国際送金システム「xRapid」とは?
リップル社の「xVia」とは?企業の決済システムや業務効率が変わる
仮想通貨リップル(Ripple/XRP)の特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!

Asuka

Asuka

BITDAYS編集部ディレクター・ライター。 2017年10月より仮想通貨界に参入。毎日の情報収集は欠かしません。主に海外からのニュースを担当しています。 最近は「ポイント還元」や「キャッシュバック」という言葉に目がありません。 趣味は映画鑑賞、無類のネコ好きです。