BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

リップル社が「有望なフィンテックスタートアップ250社」に選出!

スタートアップやベンチャーキャピタルなどの調査・分析を行うCBInsights(CBインサイツ)が「Fintech 250」を発表しました。

2年連続で「Fintech 250」に選ばれる

「Fintech 250」では、金融とテクノロジーを活用して金融サービスを変革する取組みを行うフィンテックスタートアップ250社が選出されています。
bitFlyer(ビットフライヤー)coinbase(コインベース)WealthNavi(ウェルスナビ)、THEO(テオ)など海外・国内の著名なスタートアップが選ばれる中、今回はRipple(リップル)社も選ばれました。
なおリップル社は2017年版の「Fintech 250」でも選ばれており、公式ツイッターにて「今年もCBインサイツの『Fintech 250』に選ばれたことを光栄に思う」と述べています。

リップル社では国際送金ネットワーク「RippleNet(リップルネット)」を展開しており、「xCurrent」、「xRapid」、「xVia」を活用した迅速な銀行間送金の実現に努めてきました。なおRippleNetに参加する企業は100社を超え、ネットワークは世界40ヶ国に拡大しています。フィンテック分野で革新を続けるリップル社から今後も目が離せません。

関連記事

仮想通貨リップル(Ripple/XRP)の特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!
リップル社の「RippleNet(リップルネット)」とは?
イギリスの決済サービス会社MoneyNetIntがリップルネットに加盟
リップル社やコインベースが「アメリカで最も人気のあるスタートアップ50社」にランクイン!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュースを担当。国内・海外の情報を発信しつつ、日々進歩を続ける仮想通貨について学んでいます。支払いはキャッシュレス派。好きな食べ物は発酵食品。ハムカツなのに。
PAGE TOP