ハードウェアウォレット「Trezor(トレザー)」で仮想通貨取引機能追加!アカウント作成から取引までウォレット内で完結

ハードウェアウォレットTrezor(トレザー)」で仮想通貨取引機能が新たに追加されました。

ShapeShiftとChangellyが仮想通貨取引サービスを提供

仮想通貨取引機能ではビットコイン(Bitcoin/BTC)イーサリアム(Ethereum/ETH)ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)リップル(Ripple/XRP)など多くの通貨の取引を行うことができます。
また仮想通貨取引機能は、ShapeShiftやChangellyといった取引所がサービスを提供するとのこと。「Trezor」側では本人確認を行わず、ShapeShiftやChangellyが本人確認を必要とした場合手続きに応じる必要があるようです。

この機能が追加されたことで、アカウントの作成、取引履歴の確認、送受信、そして仮想通貨取引まで「Trezor」で完結できるようになります。取引所のセキュリティが重要視されている今、ハードウェアウォレットに仮想通貨取引機能が追加されることは非常に心強いことでしょう。

関連記事

仮想通貨ハードウェアウォレット「Trezor(トレザー)」とは?設定方法や使い方を解説
仮想通貨ウォレットとは?種類やメリット&デメリットを公開!
仮想通貨同士を両替できる。Changelly(チェンジリー)の特徴や取扱通貨は?

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。