ファミリーマートが11月からバーコード決済を導入!「LINE Pay」「d払い」「Alipay(支付宝)」など6種類が対応

ファミリーマートが11月からバーコード決済の導入を開始します。

コンビニチェーンの中で最大規模の取扱い


ローソンやポプラといったコンビニではすでに導入されていたバーコード決済ですが、ファミリーマートでも導入されることが発表されました。バーコード決済は、各決済サービスが提供するアプリで支払い用のバーコードを店舗に読み取ってもらうことで支払いを行うことができます。
ファミリーマートでは11月から「d払い」、「LINE Pay」、「PayPay」、「楽天ペイ」を一部店舗で導入。12月4日(火)からは全国の店舗でも導入されるとのことです。さらに、多くの中国人観光客の訪日が見込まれる中国の大型連休「春節」に合わせ、2019年1月下旬に「Alipay(支付宝)」と「WeChat Pay(微信支付)」導入を予定しています。

なおバーコード決済を導入するコンビニチェーンの中で、ファミリーマートは最大規模の取扱いになるとのこと。キャッシュレス決済で2%の還元を行う政策を発表するなど、最近では国をあげてキャッシュレス決済の普及が行われています。一番身近な存在であるコンビニでバーコード決済が導入されることで、キャッシュレス決済の普及がさらに進んでいくことでしょう。

関連記事

“レジ無し”ローソンオープン!コンビニでのキャッシュレス決済加速となるか
ヤフーとソフトバンクがバーコード決済サービス「PayPay(ペイペイ)」リリース!新規登録で500円相当の電子マネープレゼントも
ロジャー・バー氏が発言!国内コンビニでビットコインキャッシュ決済導入か?

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。