ソニーがICカード活用のハードウェアウォレット技術を開発!

SONY(ソニー)が、自社のICカードを活用したハードウェアウォレット技術を開発したと発表しました。

長年培ってきたICカード技術を活用したハードウェアウォレットに


以下、プレスリリースより引用。

株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所(以下、ソニーCSL)は、ソニー株式会社のICカード技術を応用した非接触ICカード型の「仮想通貨ハードウェアウォレット技術を開発しました。

現在、多くの仮想通貨ユーザーは、最初に仮想通貨を購入した取引所などのオンラインウォレットを利用して仮想通貨の取引を行っています。
ユーザーが仮想通貨を所有している時に、実際に所有しているものは仮想通貨そのものではなく、その仮想通貨を自由に取引することが出来る秘密鍵です。秘密鍵を所有していれば、その秘密鍵に関連づけられた仮想通貨を自由に使用することができます。
そのため仮に秘密鍵を他人に知られた場合は、他人にその秘密鍵に関連付けられた仮想通貨を使用されてしまうリスクがあります。なおこの秘密鍵は取引所などのオンラインウォレットでは、その運営者が管理しており、ユーザーは秘密鍵を管理しているウォレットにアクセスしているにすぎません。
従って、このオンラインサーバーが不正アクセスを受けて秘密鍵が流出した場合にも、ユーザーが保有する仮想通貨を他人に使われてしまうリスクが存在します。

このオンラインサーバーへの不正アクセスによる秘密鍵の流出リスクを避けるために、オンラインネットワークに接続されたPCやスマートフォンとは独立したデバイスで、ユーザー自身が秘密鍵を管理するものがハードウェアウォレットです。ハードウェアウォレットでは、オンラインネットワークを介した不正アクセスを回避し、仮想通貨を安全に管理することが可能となります。

ソニーCSLでは、ソニーで長年培った非接触型のICカード技術を応用して、ICカードハードウェア関連技術と相互認証・暗号通信技術を含む「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」を開発しました。
USBでPCと接続する既存の代表的なハードウェアウォレットと異なり、ICカード型のハードウェアウォレットは小型で持ち運びやすく、利便性が高いことなども特徴です。
また、信頼度の高い耐タンパー性のあるICカード内モジュールで安全に秘密鍵を生成・保存することができます。

今回開発した「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」は、仮想通貨の取引に使用する秘密鍵の管理だけでなく、例えば、ブロックチェーン技術を応用した個人情報管理システムにおいて、ユーザーが個人情報の利用許諾をするために使用する秘密鍵の管理など、様々なアプリケーションへの応用が可能なインフラ技術です。

ソニーCSLは、ブロックチェーン技術のさらなる普及を目指して、仮想通貨をはじめとしたデジタルアセットを安全に取引できる「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」の事業化に向けた取り組みを進めてまいります。

関連記事

仮想通貨ウォレットとは?種類やメリット&デメリットを公開!
SONY(ソニー)がマイニング関連の特許を申請!
ソニーが音楽・映画などデジタルコンテンツの権利管理でブロックチェーン活用!

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュースを担当。国内や海外の経済・金融ニュースを執筆しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payを主に利用。好きな食べ物は発酵食品。ハムカツなのに。