HTCのブロックチェーン活用スマホ「Exodus 1」予約注文開始!ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)決済に対応

台湾の家電メーカー大手であるHTCが、ブロックチェーン活用のスマートフォン「Exodus 1」の予約注文受付を開始しました。

ハードウェアウォレットしても使えるスマートフォン

「Exodus 1」は2018年5月に発表されたスマートフォンであり、システムでブロックチェーンが活用されていることから多くの注目を集めました。ビットコイン(Bitcoin/BTC)イーサリアム(Ethereum/ETH)ライトコイン(LiteCoin/LTC)に対応する仮想通貨ウォレット「Zion Wallet」が搭載されていることから、「Exodus 1」をハードウェアウォレットとして利用することもできます。
スペックは既存の端末「HTC U12+」とほぼ同じであり、ディスプレイは6型、プロセッサはQualcomm Snapdragon845、メモリは8GB、ストレージは128GB。欧米とアジアの34カ国で12月までに出荷する予定であり、現時点では日本は含まれていないようです。
公式サイトにて予約受付が行われており、支払いはビットコインとイーサリアムのみ対応しています。価格はそれぞれ0.15BTC、4.78ETHと現在の相場で約10万円前後になります。

関連記事

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)。特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!
仮想通貨イーサリアム(Ethereum/ETH)。特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!
仮想通貨ウォレットとは?種類やメリット&デメリットを公開!
ライトコイン創業者Charlie Lee氏がスマートフォン「HTC Exodus」のアドバイザーに!
台湾の家電メーカーHTC、ブロックチェーン搭載スマホ発売予定!

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュースを担当。国内や海外の経済・金融ニュースを執筆しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payを主に利用。好きな食べ物は発酵食品。ハムカツなのに。